モルディブこそヨガに最高のリゾートだ!?

みなさん、モルディブってご存知ですか?

インド洋に浮かぶ国で、200以上のサンゴでできた島々からなっています。

私はこのモルディブという国に魅せられて、かれこれ15年以上にわたり10回以上通っています。

そう、貯金を切り崩してでも。。。だから、貯金が増えないわけです。トホホ。(むしろ減ってたり。)

産前産後はさすがに海外旅行を諦めていましたが、娘が2歳になる前に(タダなうちに!)と、今年の夏休みは思い切って行ってきました。

2歳児を連れての飛行機は想像通りしんどく、このバカンスは逆に疲れるんじゃないか?と思ったりもしましたが。。。

ダイビングやシュノーケリングはもちろんのこと、このモルディブという国は、ヨガもさかん!?です。

さかん・・・という表現はおかしいかもですが、モルディブはヨガの聖地インドからも近いこともあり、また、滞在しているヨーロピアンに人気なこともあり、多くのリゾート内に「ヨガパビリオン」(=ヨガスタジオですね)があります。

今回、私が行った「ジュメイラ・ヴィッタヴェリ」というリゾートにも、スパに併設される形で、ヨガパビリオンがありました。

IMG_4893

でも、モルディブでヨガするなら、ヨガパビリオンでなくても、真っ白なビーチの上で十分だわ~と思います。

素足でも全く痛くない、サンゴが何十年もかけて砂のレベルまで細かくなった真っ白な砂の上で、水平線からのぼる太陽に向かって太陽礼拝・・・体中の血液が入れ替わるような感覚になりますヨ。

友人にはよく話すのですが、私の夢は、いつか「モルディブ・ヨガ・リトリート」を開催することです。

せっかく楽園にいるのですから、ヨガリトリートっていってもヨガ三昧ってわけではなく、楽園での生活の中に”ヨガタイム”を盛り込む形でやりたい!

ここで、私の妄想プランを発表!(いらん!?)

【モルディブでヨガリトリート 6日間の旅】

7:00 ビーチに集合して太陽礼拝を中心とした朝ヨガ

8:00~10:00 朝食タイム(ダイビングに行く人はボートが出る時間でもあります。)

※朝食後は、シュノーケリングをしたり、プールで遊んだり、読書をしたり、スパに行ったり思い思いに過ごす

15:00 ヨガパビリオンに集合してヨガ

※食っちゃ寝の生活になるので、この辺で少し動く。

17:30 サンセットバーに集合して、夕陽を見ながら一杯。または、サンセットクルーズにみんなで出かける。

19:00 ディナー

21:00 ビーチで瞑想または、キールタンを歌って終了。※これは、最終日だけでもいい。


とまぁ、勝手に妄想で盛り上がっているわけです。(ちなみに、楽しい妄想は脳からドーパミンを分泌し、外見だけでなく脳も若さを保てて良いらしいですよ!)

素敵だろうな~。うっとり。

どうですか?行きたくなりませんか?

ご賛同いただける方は、いづれ一緒に行きましょう!(一緒に、Let’sモルディブ貯金!)

 

maldives

はい、最後はお決まりですが、朝日とともにワンショット。

 

関連記事

お知らせ

2018.10.25

10月のキルタンは「Tvameva」でした。ほっこり。

隔月の最終週はキルタン付きヨガです。 今月は、「Tvameva(またはTwameva)」というとても人気のあるマントラをやりました。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る