キルタン伝道師「Rtum」ちゃんを呼んでみました

キルタンをヨガクラスに取り入れ始めて早くも2年。

キルタンて何だろう?と自分にも問いかけつつ、言葉にできない魅力をどうやったら伝えられるか、と悩み、出した一つの答えが、

”キルタンの素晴らしさを私よりうまく伝えらる人に来てもらう”

でした。(なんつー他力本願!)

そこで友人であり、ヨギーニであり、キルタニストである友人「Rtum」(ルタと読む)ちゃんに歌いに来てもらいました。

うまく歌う必要のないキルタンではありますが、やっぱり声というのは重要な感情の伝達要素で、Rtumちゃんの声は素晴らしい。

10人に1人くらいは「Hiroさんの声が好きです」と言ってくれますが、Rtumの場合には9人くらいは言ってくれます。(笑

今回は「Om Shantii  」を歌ってもらいました。

いつもキルタンに参加してくれるゆかりさんも、Rtumがくるならば・・・ってタブラを持ってきてくれて演奏。

ゆかりさんのタブラはピカイチ

これはすごいですよ!もう本格的です。

もう、なんだか、ウルウルしてる人もいました。

鳥肌がたったと言ってる人もいました。

Rtumちゃんの癒される歌声

人の心に届くっていうのは、単に歌がうまいとか声が綺麗とかではないんですよね。

嘘偽りない言葉だから、放つ言葉が薄っぺらくも嘘っぽくないから、人の心に響くんですね。

私も大好きなんですよ、Rtumちゃんの人柄と歌声。

キルタンって伝えるのが本当に難しいし、伝えたいっていう気持ち自体が実はすごいエゴで、

「知らねーよ。どーでもいーよ。」

って思ってる人がほとんどではないか、と思ってるし、自己満足じゃろ、と思うこともあります。

だから”どうぞよろしければ”って気持ちでいつもいるんですが、「神様お願い!」「神様ありがとう!」と日常の中に自然に神様が存在している日本人にとって、キルタンてすごい身近で受け入れやすいものなんじゃないかなーと思います。

 

とはいえ、うちの旦那はどんなに誘っても「神様とか歌う歌はいやじゃー」と言ってます。(笑

ま、それも、ありです。

 

ナマステ

関連記事

お知らせ

2019.5.26

6月の朝ヨガ@田端スケジュール

もう6月です。 2019年、折り返し地点です。 ひゃー。 早い、早い! まだ2019年になったばっかり、令和元年になったばっかり…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る