2月のキルタンはハルもニウムとチン♪

こんにちは。

年初の予告通り、まずは2月に第1回目のキルタンをやりました。

有言実行、素晴らしい。(自画自賛)

進行は試行錯誤ですが、それに付いてきてくださる周囲の方(生徒さん)の気持ちが嬉しいです。

今回の曲はシヴァ神を称えるマントラの中でも有名な

Om Namah Shivaya (シヴァ神を崇め奉ります)

でした。

アンマー(抱きしめる聖者と呼ばれる平和活動家)のアシュラムでは挨拶に使われたりするそうです。

「オンナマシヴァヤーー!(おはようございまーす)」

「オンナマー!(おはよーっす)」

みたいな感じ?・・・ではないでしょうが。(無礼者っ!)

 

om namah shivaya

om namah shivaya を8回曲に合わせて唱えて1セットです。
サンスクリット語では「ॐ नमः शिवाय」と書くようです。むむっ、想像もできない象形文字です。--;

omは聖なる響きのコトバ、祈りの音節、すべての音の始まりを終わりを表わします。

namahは崇敬(崇め敬う)の念を表すので、まさに「シヴァ神を崇め敬います」というマントラです。

もっともっと深い意味もあるようですが、あまり掘り下げるとヒンドゥ教の世界になりそうなので、このくらいでいいと思います。

さてそこで、崇め敬う「シヴァ神」ですが、「何の神様?」ということはわかったうえで歌いたいものです。

ということで

シヴァ(shiva)神のおさらい

インドの3大神といえばブラウマー、ヴィシュヌ、シヴァですね。

役割分担(なんか表現が適切でないが)ブラフマーが世界を創造し、それをヴィシュヌが維持し、シヴァが破壊するといった感じ。

でもそれだけ聞くと、シヴァ神って破壊神?デストロイヤー?無法者?と思いがちですが、「再生の神」とも言われます。

私たちは何か新しいことを始める時には、今まで持っていたものを手放す必要があることが多いですが、なかなか手放すことは難しいものです。

例えば、やりたい仕事を見つけ転職したいと思っていても、今の仕事が安定していたり、それなりに評価されてたり、、、なんだかんだで一歩を踏み出せないでいる時、その会社がゴジラに踏みつぶされて破壊されたら、前に進みますよね。ゴジラが新たな自分を再生してくれるわけですね。

そう、またまた無礼にもシヴァをゴジラと表現しているわけですが。

ゴジラと言えば、わが娘・・・毎度乱入してきてはハルモニウムの鍵盤をさわってみたり、おどけてみたりとおふざけが過ぎるので、

今回は祖母により強制退去にあいました。(笑

前回の「タブラ」に続き、今回も「チン」というインドの楽器を持ってきてくれたゆかりさん。

リズムの取り方がさすがです。

ゆかりさんいわく、インド音楽のリズムは3種類「ビランビット」、「マディヤ」、「ドゥルット」とあるそうです。

色々なリズムを試しながら、ワイワイと歌い終えました。

次の成長のために乗り越えなければならない課題に出会った時、このマントラを思い出して、現状を打破する力をシヴァ神から頂きましょう♪

次回もお楽しみにーー

関連記事

お知らせ

2018.5.24

6月の朝ヨガ@田端 開催スケジュール

こんにちは! Hiroです。 カラッと晴れたいいお天気ですね。でも、今年の梅雨入りは早く来るそうです。 6月は雨の土曜日も多いかも…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る