「Om namah shivaya」を唱えながら執着を断ち切ってみた

保育園落ちた・・・の話題がまだ記憶に新しいですが、私の住む品川区も激戦区なのにもかかわらず、

受かりました。

やったー!となるはずですが、ちと微妙でした。

0歳からも、1歳からも入れなかったため、無認可のインターナショナルスクールに週3で預けていたため、2歳からもインターナショナルスクールに進むことを覚悟していました。

認可保育園の方が、近くてお安いですが、熱心な先生や仲良くなったお友達(私はママ友という名の戦友)とお別れすることも寂しく、また、英語が話せない親としては、インターに進ませるというのも一つの教育としてアリか・・・・などと悩みました。

近くの保育園に進むことを決心してからも、まだウジウジ悩んでいる私を救ったのが、

「Om namah shivaya」

というマントラのキルタン。

シヴァ神をたたえるマントラです。シヴァ神は破壊の神様ですが、破壊というのは再生のためには必要で、新しい何かを生み出す時、どうしても古いものを壊さなければいいけない時が来ます。

それが、「自分ではなかなか抜け出せない悪しき習慣」だったり、「手放さなければいけないのに執着してしまう物や人や感情」だったりする時、シヴァ神にすがって壊すのを手伝ってもらうことができるそうです。

そしてインドの神様は、どこか遠くにいるのではなく、それぞれの人の心の中に住んでいると言われています。

いつまでも今までの環境に執着し、前に進むのをためらう自分に、カツを入れるために、ひたすら「Om namah shivaya♪」と歌いながら自転車をこいでいた私は・・・・変な人かもしれませんが、自分の中の”破壊神”を呼び出し、執着を捨てるお手伝いをしてもらいました!(笑

どんな方法でもいいから、何かそういうツールを1つでも持っていると便利ですね。

ヨガもキルタンも、心穏やかに生きていくための「ツール」であると、つくづく思いました。

さて、先週末の田端の朝ヨガですが、22名もの方が参加くださいました。

春ですね。

もしかすると、寒いのを理由に、ごろごろと遅くまで布団に入ってすごしていた習慣を、みんなが断ち切りたいと思っているのかもしれない、と感じてしまいました。

私たちは1日の大部分を「習慣」で動きます。その「習慣」の積み重ねで、その人の1日が決まり、1週間がきまり、性格までが決まってしまいます。

自分に良いことを「習慣」にして、悪しき習慣と決別しましょう。(自分に言っている)

その為に、「Om namah shivaya」のマントラ、自分を奮起させたいときになかなか便利なので、私のハルモニウムが届いたら、キルタンで歌いましょう~!

ナマステ

関連記事

お知らせ

2019.10.27

朝ヨガ@田端 11月開催スケジュール

早いものでもうすぐ11月です。 今年も残るところ両手で数えられるくらいになりました。 寒くなってくると体が縮こまりがちで、体のバ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る