ハルモニウムを買うことにしました♪

キルタンの時につかうポピュラーな楽器と言えば、ハルモニウム。

インドの楽器なので、良し悪しを見極める力もなく、それなりにお高いので、購入には足踏みしていましたが、

習っているうちにどんどん欲しくなり・・・・

ちょうど2月から、私のキルタンの師匠がインドに行くので、その際に買ってきていただくことにしました!

ありがたや。ありがたや。

素人がハルモニウムなんか買ったら、不良品掴まされそうだし、壊れた時もどうしたらいいかわからないし。

ずっとウクレレでやろうと思っていたんですけど。

物欲魂が。。。

そんなハルモニウムですが、なんと3年くらいで悪くなるそうです。中がさびてきたり。

さすが、インド。うーん、なかなか高価な楽器ですね。

さて、昨日のキルタンのワークでは、シヴァ神をたたえるマントラのキルタンを学びました。

シヴァ神といえば破壊のイメージですが、今までのやり方の延長ではどうにもならない時、すべてを捨てて新しいことを始めなければならない時、その為に必要な破壊をしてくれる神と思うと、とてもありがたいですよね。

また1日108回41日間の練習が終わったらシェアしますね。

話を戻して、キルタンですが、これに惹かれる理由をずーっと探しています。

心や身体では、その効果は感じているのですが、言葉にするのが難しくて。(好きなんだから、好きでいいのに、めんどくさい女です。)

ベネズエラでやっている音楽教育「エル・システマ」はご存知ですか?

貧困層の子供に楽器を無料で与えて、非行や犯罪から子供を救う取り組みですが、理由を探していてふと頭をよぎりました。

人間、どん底にいいて、もうどうしようもない時、音楽なんだ、と。
そう思うと、神様が人間に「声」を与えてくれたことに意味を感じざるを得ません。
お金を出さずに手に入れられるものですから。

あ、私が「どん底」にいるっていう意味ではないですよ。(笑

ナマステ

関連記事

お知らせ

2019.6.27

土曜の朝ヨガ@田端 7月スケジュール!

いよいよ来週から7月ですね。 梅雨前線が北上したり、晴れの日が長く続かなかったり、湿った風が吹いていたり・・・ 夏がもうすぐそこに来…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る