妊活とヨガとFSH

どうしてもと友人に頼まれ、妊活にフォーカスを充てたヨガクラスをしました。
せめて出産してから、、、と躊躇していたのですが、
悠長に半年も待ってられないと言うので。^^;
 
そして、実は同じような状況の人も多いと思うので、
少しだけクラスで紹介した話をここに。
 
まず、「FSHは下がるか?」という話題。
#悩んでない人にはさっぱりわからない単語でしょうが、
#悩んでない人は気にする必要もないので意味は割愛。
 
大抵、婦人科の医者は、「FSHは下がらない」と言い、
漢方の医者は、「FSHは下がる(ただし時間がかかるけど)」と言います。
この真逆の言葉に「どっちが本当?」と悩まされる人も多いですよね。
 
どっちが正解か、それは未だにわかりませんが、
「FSHは下がることもある。 🙄 」
というのが、私の結論です。
 
だから、「諦めないで」と伝えています。

ホント?という人のために、参考までに私のデータを。どちらもD3の値です。


20121207  2012/12/7 20を超えてました。
20130306  2013/3/6  6.4に下がりました。

FSHを改善するために、漢方以外で私が続けたことは、たったの2つ。
 
(1)夜10時には寝る。
(2)ヨガで骨盤周りの血流を良くする。
 
特に(1)は重要です。
もともと、高FSHは卵巣機能が老化してることが原因なので、
若返りホルモンが出る夜中の10時〜2時までは、爆睡してることが重要。
(これは、美容にもいいので、一石二鳥)
ただ、これは並大抵なことではできません。
強い意思と、それを実現するための周囲の理解を取り付けることが大事です。
#だから、芸能人もわざわざ妊活宣言をするのかも知れませんね。
 
続いて(2)。
骨盤内の血流やリンパの流れが悪くなると、子宮や卵巣の機能を低下する、
と言われています。なので血流やリンパの流れを良くすることはとても重要です。
そして、骨盤周りの血流が良くなると、体全体の血流も良くなり、
結果的に
体全体を冷やさないことにもつながります。
 
骨盤のゆがみを調整し、リンパや血流を良くするのはヨガの得意なところ。
 
キャット/カウ、エカ・パダ・ラージャカポターサナとか、セツバンダなんかもいいですね。
逆転やマリーチアーサナのようなねじりのポーズも効果的です。
 
とはいえ、大抵のアーサナには骨盤を整える効果があります。
ヴィラバドラー・アーサナⅡ(戦士のポーズⅡ)でもいいのです。
まるでタイトスカートを履いてるかの様な上品な股関節の開き方ではなく、
ガット開いて、きちんと踏み込んで・・・、アーサナを適当にやらないことが重要です。(笑

 
詳しく知りたい方は、クラスの前後で声をかけてください。
また、定期的に妊活とヨガのクラスを開催予定ですので、
興味のある方はご連絡ください。
 

関連記事

お知らせ

2018.8.26

9月の朝ヨガ@田端 開催スケジュール

こんにちは。 皆さまの夏休みはいかがでしたか? 9月にも大型連休があるのでこれからってかた方も多いかもしれませんね。 子供…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る