あけましておめでとうございます。2018年の抱負。

新年の誓いは

「めんどくさいと思うことをやる」

「めんどくさい」と思ってやらないことは、実は、とてももったいないことでは、とふと思った。

なぜなら、「めんどくさい」と思うことは、やることが具体的に見えているから、そう思えるのであって、すでにやる必要も方法もわかっていることなのだ。

例えば「憧れの女優のようになる」というお題に対しては、何やってよいかさっぱりわからないから、めんどくさいとも思えず、

「じゃ、その為には何をしたらいいんだろう?」から始める必要がある。

「めんどくさい」を理由にやらないケースは、裏に、「自信のなさ」が潜んでいることも多い。

たとえば「キルタン」。

歌という自分の苦手な分野で、自分の好きなものを伝えることに、正直、反応が怖かった。

でもやってみると、どうだろう。

やらないとわからない経験値を確実に手に入れることができた。

そして、一緒に演奏したり歌ってくれる参加者を見て、別に1人でやるわけではないのだから怖くはない、ということにも気づかされた。

タブラを抱えて参加してくれたYさんと、キルタンのために残ってくれた朝ヨガの生徒さん♡

じっくり計画を立てることは、良いことだと思って生きてきた。

でも、時にはそのことが「いいわけ」になっていることにも気づかされる。

そうなのだ、じっくり計画を立ててからやろう、なんて思ったら、去年の私のように、キルタンも2回しかできない。(笑

やりながら、計画を見直していく。

ものづくりのプロセスが、長い間、当たり前とされていた計画ドリブン型から、アジャイル型に変わってきたように、私たちの思考や行動も変化する必要があるかもしれない。

こんなワタクシですが、今年も恥をかきながらでも前に進んで、成長していきたいと思いますので、そんな過程も見守っていただけたらと思います。

関連記事

お知らせ

2018.1.19

2月の朝ヨガスケジュール。24日はキルタン付き!

あっという間に2018年。 新年の誓いであった「今年は2ヶ月に1回はキルタンをやる!」を実行するべく、 2月の朝ヨガでは23日に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る