シンギングボウル、音出てます!

今年から、田端の朝ヨガでは、クラスの最後に瞑想の時間を3分~10分入れています。
瞑想時に雑念を追い払う助けとして「シンギングボウル」を使っていますが、この音色がとても素晴らしい・・・。

買った当初は、うまく鳴らせなかったのですが、練習を続けていた成果か、すっかり音が出せるようになりました!

ヨガの後に、生徒さん達にも触って頂きましたが、
「えっ!?ホントだ、音がでない!」
「なんで出るの?」
と皆さん中々鳴らせないでいてくれるので、難しさをわかって頂けてやりがいがあります。(笑

これで、簡単に鳴ってしまった日には、私の立場が・・・・ 😳

シンギングボウル

 

チベットのお香をたいて、シンギングボウルをヒッティングすると、

「お寺にいるみたい・・・・」

という声が(笑)。 確かにそんな感じです。
シンギングボウル自体が、そもそも、仏具ですから。^^;

ちなみに、我が家、四方八方がお寺なんですが(品川って本当に寺が多いんですよ!)、隣で梵鐘(釣鐘)が鳴る音がすると、一緒に鳴らしてみたりして、協演(?)を楽しんでます。

お寺の雰囲気の中でのヨガ、違和感ありますか?
最近では、お寺を借りてヨガをやっているところもありますよね。

梵鐘の「梵」の字は、「神聖な」というサンスクリット語に起因します。
サンスクリット語というのは、ヨガのポーズ名でもおなじみの、古代インド語ですね。
ヨガは宗教ではありませんが、歴史を紐解いていくと仏教の誕生と関わりが深いですから、そう考えるとお寺っぽい雰囲気の中でのヨガは違和感ないですよね。

シンギングボウルの音をぜひ聞きに来てください。

ナマステ

関連記事

お知らせ

2017.8.31

朝ヨガ@田端 9月の開催スケジュール

明日から9月ですね。 今月は4回開催します♪ ご都合があえば、どうぞご参加ください。 8月は人数が少なかったので2回とも「壁を使っ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る